JR尼崎駅直結、徒歩2分「渡部眼科」です。キューズモールとなり尼崎新都心ビル2階、土日も診療しています。日帰り白内障手術他、網膜硝子体、緑内障等の各種手術に対応。多焦点眼内レンズの先進医療認定施設です。

低濃度アトロピン0.01%点眼薬を用いた近視抑制治療について

低濃度アトロピン0.01%点眼薬を用いた近視抑制治療について

当院では小児期における近視の進行抑制を目的とした点眼治療を行っております。

治療について

日本では2人に1人が近視と言われています。先進国において近視は視力障害の主要な原因であり、近視は主に小児期に進行します。また、高度な近視の場合は、視力喪失、黄斑変性症、網膜剥離、緑内障などの眼疾患に発展する可能性があります。

近視は眼球が楕円形に伸び(眼軸長が伸びる)ピントの位置がずれることで生じる軸性近視のケースが多く(図)、一度眼軸が伸びてしまうと、戻ることがありません。そのため、眼軸の伸びを抑えることが近視の進行を抑制するうえで重要です。

アトロピン配合点眼薬には眼軸の伸展を抑制する効果があるといわれ、近視の進行を遅らせることが統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されています。アトロピン1%点眼を使用した近視治療は 1960年から行われていますが、散瞳(瞳孔が拡がる状態)によるまぶしさ、目の調節機能(ピントを合わせる機能)の低下による読み書きの困難、アレルギー症状、不快感などの副作用がありました。

近年アジア諸国において、低濃度アトロピン点眼は近視の進行抑制効果が約60%程度あると報告され、副作用もほぼないことが確認されました。このことから当院では、低濃度アトロピン点眼液を使用した小児期の近視進行抑制治療を行っています。
※本治療は近視の進行を抑制するものであり、近視が全く進行しないわけではありません。

治療の対象

・12歳以下の学童
・中等度(-6.0D)以下の近視の方
・3か月毎の定期通院が可能な方

治療に使う点眼薬

・低濃度アトロピン点眼薬
 ※0.01%アトロピン点眼薬5㎖
・点眼方法 両眼1日1回点眼 (1カ月に1本使い切り)

治療の流れ

適応検査(治療の対象であるかを検査・診断で確認します。)(要予約)
検査内容
(屈折 角膜形状解析 矯正視力 光学式眼軸長測定 細隙灯顕微鏡 眼底検査等)
適応が問題なければ、低濃度アトロピンを発注させていただきます。
治療開始(要予約)
・治療内容の説明を行い、点眼薬の使用を開始します。
・点眼後の副作用について
点眼薬使用開始後に眩しさ、手元の見えにくさ、アレルギー症状(目のかゆみ、充血、皮膚の炎症)、動悸、その他の気になる症状がありましたら当院までご連絡ください。
定期検査(1週間後)(要予約)
・検査、診断、点眼薬使用後の状況を確認し、異常がなければ点眼薬を追加処方します。
・点眼薬による異常が認められた場合は治療を中止する場合があります。
定期検査(1カ月後)(要予約)
・検査、診断、点眼薬を処方します。
・3カ月毎に定期検査を行います。(定期的に視力や眼軸長等を検査し治療を評価します。)
・治療は2年以上継続していただくことをお勧めいたします。
・1回にお渡しできる点眼薬の本数は3本までです。

治療の費用

治療費用(検査・診断・薬剤費用)
適応検査3,000円(税別)
初回検査費用500円(税別)
1週検査費用500円(税別)
定期検査費用(3カ月毎)500円(税別)
点眼薬(1本)3,000円(税別)

※この治療は自由診療です。
 (保険診療や子ども医療費助成制度は適応されません。)
オルソケラトロジー治療と低濃度アトロピン治療併用も可能です。
※予約制です。

参考資料① 低濃度アトロピン 0.01% 点眼薬について » 参考資料② 低濃度アトロピン0.01%点眼薬が選ばれる理由とは? » オルソケラトロジーのページはこちら »

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
 9:00~12:00
15:00~18:30

▲…土日午後は、14:00~18:00
※眼鏡処方希望の患者さんや初めてコンタクトレンズ処方を希望される患者さんは、受付終了60分前までにおこしください。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

休診日水曜、祝日

アクセス Access

〒661-0976
兵庫県尼崎市潮江1丁目3-43 2階

尼崎新都心ビル2階
(緑遊広場に面してます)

キューズモールの中ではありませんので、ご注意ください

JR神戸線 他JR各線「尼崎」駅下車。北口2階デッキ直結徒歩2分

お気軽にお問い合せ下さい

TEL:06-6423-9720
PAGETOP
Copyright © 2018 渡部眼科 All Rights Reserved.